シャワーホースの交換方法

弊社にお問い合わせの多い「シャワーホースの交換方法」について、
特にご質問の多いLIXIL・INAX社製品と、TOTO社製品についてまとめました。
ご購入前やご購入後にご参考になれば幸いです。

もし、お客様がご自宅でお使いのシャワーユニットが、
こちらでご紹介するメーカー以外の場合、
お客様ご自身で各メーカーのお客様サポートよりお問い合わせいただくか、
ご購入した販売店にご連絡ください。
また交換等の費用はお客様負担となります。予めご了承ください。

もくじ

LIXIL・INAX社製品をお使いのお客様

TOTO社製品をお使いのお客様

LIXIL・INAX社製品をお使いのお客様

LIXIL・INAX社のお客様サポートページで同じようなケースを探していた所、
以下のページを見つけましたので引用させていただきます。
LIXIL・INAX社製品の「スイッチなし」タイプはホースだけの交換が可能ですが、
「スイッチ付き」シャワーは一体式のためホースだけの交換はできません。
引用元|詳しくはこちらをご参照ください。

スイッチ付きシャワーヘッドをお使いの場合、 ホースの根本部分からの交換が必要のようです。

さらに別のページでは「スイッチなしシャワーからスイッチありシャワーへ交換する方法」が書かれています。
引用すると、

スイッチなしのシャワーからスイッチシャワーへ交換するには、既設の「シャワーエルボ」を
「止水バルブ」へ交換する必要があります。
そこにスイッチシャワーを取り付けることができます。
引用元|詳しくはこちらをご参照ください。

と、あります。
ということは、「スイッチあり」のシャワーから「スイッチなし」のシャワーへ交換する場合、
既設の「止水バルブ」を「シャワーエルボ」に交換すると、
スイッチなしのシャワーがお使いいただけるということですね。

また、取付金具の品番についてはこのように記載されていました。

交換方法や止水バルブの品番等は、現在ご使用の水栓金具とシャワーの品番により異なります。
交換方法には、お客さまご自身で交換いただける場合、修理サービスマンでの交換が必要な場合、既存のエルボを外してそのまま取付けられる場合などがあります。
引用元|詳しくはこちらをご参照ください。

と、ありました。専用工具をお持ちの方や水栓取り付け作業に慣れている方は簡単に交換できるかもしれませんが、
水栓取り付けの経験豊富な方の方が少数派かと思います。
まずはお客様ご自身で直接LIXIL・INAXお客様サポートページよりお問い合わせいただ くのがよろしいかと思います。

LIXIL・INAXお客様サポートページ​はこちら

TOTO社製品をお使いのお客様

TOTO社の公式ページを見ると、「クリックシャワー有り」というシャワーホース一体型のものがあるようです。
こちらに関するお客様サポートページを引用いたします。

③クリックシャワー有りからクリックシャワー無しへ交換する場合
→調圧弁を取り外してください。
引用元|詳しくはこちらをご参照ください。

と、あります。 引用元のページで詳しく図解されていますので、
よろしければそちらをご参照いただければと思います。

また、ネジの種類について、こちらも引用させていただきます。

浴室用シャワーホースの本体側(エルボ側)ねじの種類は3種類あり、ホースを交換する際、ねじの種類により対応方法が異なります。 詳細は、資料をご確認ください。
なお、シャワーヘッドの取り付けねじサイズはG1/2です。
引用元|詳しくはこちらをご参照ください。

資料の添付がありますのでネジの種類は、ご自宅でお使いのホースの品番をご確認いただく必要があるようですね。
わからない場合、​まずはお客様ご自身で直接TOTOお客様サポートページよりお問い合わせいただくのがよろしいかと思います。

TOTOお客様サポートページ